トップ

不動産投資について学ぼう

不動産投資は富裕層か

不動産

低資金で始められる不動産投資

不動産投資は富裕層が行うものだというイメージを持っている人は未だにたくさんおられるようです。当たり前のことなのですが、物件価格は数千万円から数億円ですから、そのようなイメージを持つ人もいると思います。しかし、実際にはローンを活用していくことができるために、低資金でも不動産投資を始められるというメリットがあります。たとえば、サラリーマンを続けながら収益物件を取得して運用をしている人も多くいます。抵当権を設定することによってローンを組みやすくなりますから、資産を持っていない人でも投資を始めることはできるのです。

メリットは低資金で始められる

不動産投資のメリットの一つが低資金で始められることが挙げられます。どうしても大きな資金が必要だと考えてしまいがちなのですが、これは必ずしも正しくはありません。なぜかというと、ローンを利用できるからです。どうせローンの審査に通らないだろうと思う人がいるかも知れませんが、物件を取得する際のローンの審査には通りやすいという傾向があります。それは、物件に抵当権を設定できるからです。取得するときには、物件価格の8割くらいまでなら問題なく融資してくれるでしょう。ですから、資金があまりなくても不動産投資は始めることができます。

↑PAGE TOP

© Copyright 不動産投資について学ぼう. All rights reserved.